« 正月後の… | トップページ | 声が枯れました »

2017/01/16

オカンに土産。

母は子供の頃縁日などの食べ物はあまり食べさせて

もらえなかったらしいpaper

そんな中食べさせて貰えたのが綿あめと、ハッカパ

イプだけらしく「お母さん懐かしくて綿あめ好きな

のよねー」と言って居たのでお土産good



我が家の近くにあるキャンディショップで売ってたnote

縁日の綿あめよりお洒落だけど綿あめは綿あめ(笑)

喜んでくれたら嬉しいねーnotes

オカンいつもお疲れさんscissors

|

« 正月後の… | トップページ | 声が枯れました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

母上、ワタアメがお好きなんですねhappy02
(そういえばチョッパーもsmile)

ホント、お洒落なワタアメですよねsmilesmilesmile

きっと可愛い息子さん(パブさんの事です 笑)のお土産ですから喜ばれますよねshineshine

縁日の食べ物、見てると美味しそうでワクワクするんですが親となった今では色々と心配あるのもわかる気がする…かな(´ヮ`;)

ちなみにうちは幼い頃は縁日の食べ物ではべっこう飴やたこせん、東京コロッケをよく食べておりましたconfident

投稿: メイ | 2017/01/16 21:21

パブさんは心優しい孝行息子ですねheart04
綿菓子、私も好きですhappy01

親には元気で長生きして欲しいと願いつつ、いざ介護となるとダークサイドに堕ちてしまい…newmoon
入院していた義母が退院、一挙に暗黒面となっておりましたが
今日からヘルパーさんが来てくれることとなり、少し余裕が出来ましたwink

投稿: オスカル | 2017/01/16 22:40

メイさん
確かにチョッパーも綿あめ好きでしたよねーsmile
ちなみにあの綿あめはコーラ味でしたnote
庭に出しといたら野良チョッパー捕まえられるかなーsmilesmilesmile

縁日の食べ物ってワクワクしますよねーnotes
オイラはソースせんべい、たこ焼き、焼きイカが好きでしたhappy02
次男はあんず飴が好きなんですが…オイラあれは何が良いか良く分からないんですcoldsweats01
メイさんのたこせん見た事ないから気になるなーeye

オスカルさん
オスカルさんは日々気の抜けない日が続くんですもんねーweep
ヘルパーさんが来る事になったと書いてあったので少しは安心しましたが、無理してオスカルさんが体調崩さないように祈りますbearing
看病の日々と言うのは精神的に辛いですが、時には息抜きして心のバランスを崩さないようにして下さいcrying
我が家も色々ありましたが、ガス抜きしたくなったらいつでも息抜き&愚痴聞きますscissors
いつも応援してくれてるから応援返しもしますよーwink
ファイトーオスカルさんsign01

投稿: 隆之 | 2017/01/17 23:25

優しいパブさん、ありがとうございますshine
ちくと愚痴ってしまいましたが、ここでは日常から離れられてホッとしますhappy01

投稿: オスカル | 2017/01/18 00:12

あっΣeye
たこせんとはピンクの楕円形のサクサクのおせんべいを割ったやつにたこ焼きを2〜3個挟んだものですぉwink
(美味しいけど、おせんべいが湿って固くなって噛みにくいという難点がcoldsweats01)

そういえば、たこせんのおせんべいはもしかするとソースせんべいのことかもですねcoldsweats01coldsweats01

どっちも確か、50円~100円くらいという小中学生にはありがたい値段で食べれましたねshineshine

投稿: メイ | 2017/01/18 12:21

オスカルさん
いやいや、ウチもかーなり大変でしたからね〜coldsweats02
でも、これだけは間違いなく言えますsign01
ウチの家族みんな「悔いない位やりました」あとになって「あーあの時もっとやっておけば…」と言う後悔は一つもありませんnote
大変でも必ず心が救われる時は来ますよーconfident
いつでも愚痴歓迎ですscissors

メイさん
sign01
それなら食べたことありますsign03
あれ食べづらいけど美味しいですよねーshine
表参道に今あるApple Storeの辺りにお店があったんですが、大分前に無くなっちゃったんですcrying
いやー食べたくなっちゃいましたよーhorse

投稿: 隆之 | 2017/01/18 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正月後の… | トップページ | 声が枯れました »