« 今日出会ったバス待ちのチビ助。 | トップページ | 今日のは美味かったゾ。 »

2013/02/19

お久し振りの映画三昧ブログ。

とは言ってもpaper

映画三昧はずっと続いてたんですけどねsmilescissors

で、今週借りた5本はこちらpaper

0981

いつもの様に左上から時計回りに・・・

「小説家を見つけたら」

「幸せのきずな」

「真実の瞬間」

「砂の器」

「白い馬の季節」

今回もいつもの様にノリで借りましたsmile

上二つはタイトルとジャケットの写真でpaper

「真実の瞬間」は久々にデニーロ見たかったからpaper

「砂の器」は有名なのに観た事無かったからpaper

最後のは分かりますね~smile

オイラ馬っ子ですからねsmilescissors

と言う事でpaper

今日は「砂の器」は観ませんrock

おいpaper

観ないのかよsweat01

と突っ込んだあなたは正しいですsmilegood

いやでも長いから今日はホント無理だなcoldsweats01

「真実の瞬間」は観たので残り3つの中から何か観よう

と思いますwink

良い映画だと嬉しいなぁconfident

はい、では最後に3つ宣伝paper

まずは次男「加藤秀之Website」の宣伝ですscissors

次男、加藤秀之の描いた絵の販売、ブログ、ニュース

等々次男の絵による次男の絵の為のサイトを公開い

たしましたwink

次男の絵が好きな方paper

次男の絵?

どんなんじゃらほい?

と言う方paper

是非sign01

是非sign03

ご覧くださいwink

沢山の可愛い絵がお待ちしていますshine

そしてもう1つpaper

オイラの親友坂東が3月14日(木)~3月20日(水)の

期間舞台に出ますscissors

タイトルは「来訪者」是非是非行ってやって下さいwink

そして最後にpaper

これまた坂東工の作ったレザーアートが美術展にて入

選し展示されてますwink

場所は川崎市民ミュージアムの企画展示室1paper

入場料は無料ですgood

こちらも気になりましたらご覧くださいnotes

にほんブログ村 映画ブログへ←ランキングにご協力お願いしますnotes

過去のブロ本リンク↓

隣人A第一話

隣人A第二話

隣人A第三話

隣人A第四話

隣人A第五話

隣人A第六話

隣人A第七話

隣人A第八話

隣人A第九話

隣人A第十話

隣人A第十一話

隣人A第十二話

隣人A一話からの総集編

|

« 今日出会ったバス待ちのチビ助。 | トップページ | 今日のは美味かったゾ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

大丈夫good
パウリーも好きですよconfident
(借金だらけで結婚相手にはしたくないタイプだがbleah)
ナミやカリファに「ハレンチな!!」っがミソでしたね~smile
…メリー号との別れで目から汁がcrying…ゲフゲフゲフsweat01sweat01sweat01

なんて、ワンピ談義はおいといてpaper
(この場面もわかりますよね~notebleahgood)

久々の映画ブロッコリー…じゃなかったsweat01ブログですよね~moviesmile

ロバートデニーロと砂の器には反応しましたが…
(砂の器はリメイクされてますよね〓)
白い馬…というと頭に「スーホーの~」がうちにはつきますねhorsehorsehorse
(馬の映画だと、「優駿」があったなぁ〓〓)

ではでは、寒い中ですが今宵もよい映画タイムをshinenightshine

投稿: メイ | 2013/02/19 22:50

映画三昧いいですね〜(*´∀`*) 最近映画観れて無いです... 「砂の器」は小説は読んだんですけど、映画は観たこと無いですね〜 私も観てみます そうです!学校が撮影所の近くなんですよー(σω`*)伝わってなんだか嬉しいです(笑) イノダコーヒー雰囲気いいですよね** 本店にインコがいっぱい居て可愛いんです 今度トマトスープ飲んでみます(´∀`) 年賀状頂けるんですか ありがとうございます! では別で名前と住所連絡させて頂きます*

投稿: miou | 2013/02/19 23:35

日本映画では映画音楽は苦手なようで、例えばNino Rota作曲の『ゴッドファーザー』、Michel Legrand作曲の『シェルブールの雨傘』、Ennio Morricone作曲の『続・夕陽のガンマン』等々の様な映画よりもむしろ音楽のほうが高く評価されるような日本映画は思い浮かびません。
まあ『雨に唄えば』、『サウンド・オブ・ミュージック』、『メリー・ポピンズ』等々の様なミュージカル映画は日本人には出来ないですね。
しかし野村芳太郎監督の名作『砂の器』の音楽は実に素晴らしいと思います。映画の終盤はかなり泣かしてくれます。私の大好きな映画の一つでして当然DVDは持っております。

投稿: フィンランドのユキ | 2013/02/19 23:45

なかなかに社会派の映画が並びましたね~happy01
「砂の器」はドラマや映画でいろいろありますが、やはり74年の野村監督作品が最高峰ですよねshine

個人的には「小説家を~」のショーン・コネリーがとってもいいな~なんて思います。
こういう出会いがあったらいいな、という夢のようなお話で、
観終わって幸せな気分になれるんですよね~confidentshine

投稿: オスカル | 2013/02/20 16:33

メイさん
ワハハハハsmile
確かにあの男は結婚相手には向きませんね~smilesmilesmile
借金のみならず、あの見かけで女性に対しての免疫ありませんからねbleah

おお、優駿懐かしいですね~shine
優駿と言えばオイラの仲良くしてもらってる吉岡君が出てるやつですねぇconfident
しかし、吉岡君ってあの頃から見た目が殆ど変わってないcoldsweats01
一緒にご飯屋さんとかに行くとオイラの方が年上に見られたりしますからねsweat02
あ、そうそうflair
砂の器は何回かドラマでリメイクされてますscissors

miouさん
住所いただきましたscissors
これでmiouさんも限定グッズ付き年賀状の仲間入りですwink
オイラの年賀状はオイラオリジナルデザインのグッズが付くので、来年以降楽しみにしてて下さいね~confident

イノダコーヒーは本当に雰囲気良いですよね~wink
実は家の爺ちゃん、あの近くの旅館で脚本書いてたんですよscissors
なのでオイラも子供の頃良く京都に行ってあの辺りを歩きましたgood
そいから、トマトスープはもしかしたら全店で扱ってないかもしれないので、行く時は確かめてみて下さいね~wink

フィンランドのユキさん
確かにそうですね~coldsweats01
日本でミュージカルと言うのは中々に難しいと思いますねぇsweat01
日本独自の音楽を映画化した所で、能や狂言の様な伝統ある舞台には勝てないと思いますね~sweat02
まあでも、世界的に有名ではないかもしれませんが、それこそ爺ちゃんの映画の音楽をやっていた早坂さんや佐藤さん、宮崎映画の常連久石さん等々日本ではこの人と言う人は居るんですよ~wink
是非チェックしてみて下さいscissors
いや、でも音楽が好きなフィンランドのユキさんがそこまで言うのなら砂の器の音楽は相当いいんでしょうね~note
期待値がズンと上がりましたhappy02rock

オスカルさん
オスカルさんsign01
そうsign01そうなんですsign03
オイラ、昨日小説家を見つけたらを観たんですがさいっっっっっっっこうに良い映画でしたhappy02shine
出会いの不自然さも無く、人物が一人一人しっかり描かれているので最後の方の主人公の絶望的な状況が凄く伝わって来て・・・で、あのラストですからね~note
本当にキュンと来る映画でしたshine
ああ言う内容なのに説教臭くない所がまた良いんですよね~confident
オイラ「な~んだかグッドウィルハンティングに雰囲気似てるな」と思いながら観てたんですが、なんのこっちゃない同じ監督でしたcoldsweats01

投稿: 隆之 | 2013/02/20 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日出会ったバス待ちのチビ助。 | トップページ | 今日のは美味かったゾ。 »