« 興味津々。 | トップページ | 昨日に続き・・・ »

2012/08/24

おお嬉しい!

今日母がこんな物持って帰って来ましたnote

0862

0863

DING DONGSチョコhappy02

これ母とオイラがハマってる「クローザー」と言うアメリ

カドラマの中で主人公のブレンダが食べてるやつなん

ですshine

こりゃ嬉しいshinehappy02shine

そうそう劇中でもこの銀紙を剥いて食べるんですよねwink

で、なぜ母がこれを持って帰って来たのかと言うとpaper

今日、母が韓国の方からインタビューを受けたんですが

、その方が母のブログを見て「クローザー」好きだと言う

のを知り、わざわざ入手して取材の際お土産として母に

くれたのですwink

いやぁ、こう言う心遣いはホントに嬉しいですね~note

オイラも母もメチャメチャテンション上がりましたsmile

何だか世間では最近竹島問題で韓国と日本がバチバ

チと火花を散らしてるようですが、これは国家間の問題

ですpaper

もちろんpaper

漁師の方や、海から恩恵を受ける仕事をしている方は

色々と問題を抱えてはいるんでしょうが、こうして今日の

母と取材に来た韓国の方の様に個人個人には何の遺

恨もありませんthink

ただの人と人paper

竹島を取り合う憎き相手ではないのですrock

国家間のこう言う問題を個人間に置き換える様に民衆

を煽る様な両国政府のやり方は見ていて気持ち良くな

いですねthink

それに煽られて韓国=敵国、日本=敵国と考える様な

人が居るのもオイラにとっては考えられない事ですsweat02

きっと知識のある方は、両国間の歴史を持ち出すかも

しれませんが、それとこの問題は絶対に別think

今の今の話しですからねpaper

それに、オイラ達の世代は戦争に加担していないんですrock

過去の事でその時に居なかったオイラ達世代の人間が

いがみ合う必要はないrockrock

その時生まれた遺恨を引き継ぐ必要はありませんrockrockrock

オイラはこれがきっかけで、仲良くなれる可能性のある

人間を減らしたくないpaper

こう言う「俺のだsign01」「俺のだsign01」みたいな子供の様な諍い

から大事にはなって欲しくないですねweep

子供には喧嘩両成敗と言っている大人がこう言う事をす

るんですからねshock

本当につまらない喧嘩ですcrying

ってsweat01

かなり話しが逸れましたがcoldsweats01

とにかくこのお菓子嬉しいhappy02rock

これよりミルクと共に食しますwink

グフフフフsmile

はい、では最後にいつもの宣伝paper

次男「加藤秀之Website」の宣伝ですscissors

次男、加藤秀之の描いた絵の販売、ブログ、ニュース

等々次男の絵による次男の絵の為のサイトを公開い

たしましたwink

次男の絵が好きな方paper

次男の絵?

どんなんじゃらほい?

と言う方paper

是非sign01

是非sign03

ご覧くださいwink

沢山の可愛い絵がお待ちしていますshine

にほんブログ村 映画ブログへ←ランキングにご協力お願いしますnotes

過去のブロ本リンク↓

隣人A第一話

隣人A第二話

隣人A第三話

隣人A第四話

隣人A第五話

隣人A第六話

隣人A第七話

隣人A第八話

隣人A第九話

隣人A第十話

隣人A第十一話

隣人A第十二話

隣人A一話からの総集編

|

« 興味津々。 | トップページ | 昨日に続き・・・ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

あらっshineshine
これはこれは、チョコ好き一家のうちは確実につられてしまうではありませんかlovelylovelylovely

チョコレートあまりお食べにならないパブさんのお口からお話聞けるなんて…夢にも思いませんでしたよshineshine

ちなみにうちは、
アメリカ(だったかな?)のドラマでは「フルハウス」がお気に入りでしたねconfident

おいたんとミシェルちゃんのやりとり、ツボでした♪deliciousgood
(何年か前に再放送で、うちと子供達でハマったsmile)

実はうちと旦那、韓日ハーフなんですけど、やはり・・・

あの問題は見てられないくらい恥ずかしいですねsweat02weep
(嫌でも目につきますが…)

たまたま機会があり(日本在住の韓国人の)親戚の義姉とも話したんですがやはりお互いに頭抱えてしまいましたね…

ちなみにハングルは話せませんbleah
(ちょっとした単語がわかるかわからないかぐらいw)

日本の方も韓国の方も良識ある方々は皆さん色々と感じておられたりする方も少なくはないと思いますねwink
(あまり下手に面だって言えないですがsweat01)

投稿: メイ | 2012/08/24 22:20

映画やドラマに出てきたお菓子を実際に手に取ると自分も仲間になれたような気がしてとってもうれしいですねshineshine

個人個人とつきあえば韓国の人も中国の人もロシアの人もはたまたアラブ人だってみんないい人たちなんです。

今回のことでは、今までこつこつと積み上げてきた友好関係がアッという間に崩れてしまうような悲しい気分を味わいました。
北方領土のロシアから韓国中国北朝鮮問題、これらはすべて連動しているのです。今まで公式非公式に各国間と様々な人脈とパイプを作り長年かけて友好関係を築きあげてきたわけです。
自分の保身の為に反日を利用した大統領の行動には大きな疑問が残りますし日本の若葉マークの稚拙な政権も各国からつけこまれる要因となっています。
日本としては品格と信念を持って周辺国との友好をめざしていかなくてはなりませんね。
一部の偏向したマスコミにも踊らされないように気を付けなければ…。

投稿: オスカル | 2012/08/25 16:12

メイさん
フルハウス懐かしいですね~note
あのミシェルの可愛さ・・・たまりませんよね~lovely
オイラもあのドラマ結構好きでしたwink

メイさんは日本と韓国のハーフなんですね?eye
しかも旦那さんまでって中々珍しいですね~eyeeyeeye
しかし、この問題は本当に両国民共に頭の痛い問題ですね~sweat02
両国共にこの問題を政治での主導権争いの種にしてるとしか思えませんcoldsweats02
今まで培って来た友好関係をこれで無駄にするほど馬鹿な事は無いですよねcrying
とにかくこれ以上マスコミ、政治家共に煽らないでほしいと思いますね~wobbly

オスカルさん
本当にそう思いますthink
せっかく今まで友好関係を築いて来たのに、国民の感情をこの両国間の政治の玩具にされてはたまりませんannoy
政治も大事でしょう、国益も大事でしょう、でも何より大切なのは世界中の国々が手を取り合い助け合い
、偏見無く付き合うと言う事ですpaper
そして、国交と言うとものすっごい大きな問題の様に思えますが、その根幹を担うのは個々の人間paper
個人個人と付き合えば仲良くなれるのに、国同士になると問題が起こると言うこの事自体が「問題」なんですthink
そこに利権と言う物がチラチラするからいけないんですよね~crying
あの人達だって政治をしてなくて、たまたま旅行先なんかで会ったりしてたら案外仲良くなっちゃうでしょうにねbleah

投稿: 隆之 | 2012/08/25 21:04

また失礼しますdelicious

そういえば、うちと旦那のソコ…あまり考えたことなかったですねぇ(^_^;)ゞ

確かに珍しいかもです・・・

生まれ育った環境がたまたま祖父母世代から日本に住んでる…という方々が多かった地域なんで学校でもそれぞれの立場にたった道徳的教育を受けたりする機会はあったんですよね・・・
(でも韓国語は残念ながら習得できませんでしたがcrying)

母親は日本人ですが事情があって韓国人の育ての両親(血は繋がってないですがうちの母方の祖父母です)に育てられたんでどちらかといえば韓国側のが濃いはずなんですけど…ねえsweat02coldsweats02

旦那のこともほんと、出会ってからたまたま知っただけなんですよね・・・

やっぱりそういう巡り合わせだったんでしょうかね(^。^;)

せっかくここ、10年近い間にいい感じに歩み寄って来れた感じだったのに…

その辺はほんと…

身勝手な上の政治家のバ〇ヤロー☆rock

なんて、思いますねsweat02

投稿: メイ | 2012/08/26 10:52

メイさん
きっと出会うべくして出会ったお二人なんでしょうね~confident
傍から見ると珍しいですが、本人はそんな事ちっとも思ってないって言うのが良いですsmile

でも、そう言う環境で育ったなら今回の問題は残念に思うでしょうね~bearing
何だかネット上では匿名のずる賢い奴らがお互いの国を誹謗中傷し合ってますが、ああ言う事から面倒な事にならない事を祈りますshock
冷静に考えれば人間同士なんだから手を取り合う方法はいくらでも考えられるんですrock
お金や地位に目の眩んだ政治家、そしてその裏に居る人はそんなこと考えもしないでしょうけどねsweat02

投稿: 隆之 | 2012/08/26 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 興味津々。 | トップページ | 昨日に続き・・・ »