« ストレスがお腹に・・・ | トップページ | こんな橋に行って来ました。 »

2011/08/23

コクリコ坂から・・・

0162

今日は家族みんなで「コクリコ坂から」鑑賞デーwink

うんnote

しみじみと良い作品ですね~confident

宮崎吾朗さんの作品は「ゲド戦記」も観ましたが、オイラ

はこっちの方が好きかなwink

オイラや母もそうですが、吾朗さんも凄い親父を持っちゃ

ったが故に大変な事がいっぱいあったろうと思いますpaper

批評だって、父親と比べられるだろうからかなり痛烈な内

容もあっただろうと思いますが、デビュー2作目でこれだ

けの物が撮れるんだから凄いですねぇconfident

宮崎駿さんの息子としてでなくpaper

一人のデビュー2作目のアニメ監督として見れば相当

に良い物を作る人なんだと思えましたwink

次回作が楽しみだなぁshine

にほんブログ村 映画ブログへ←ランキングにご協力お願いしますnotes

過去のブロ本リンク↓

隣人A第一話

隣人A第二話

隣人A第三話

隣人A第四話

隣人A第五話

隣人A第六話

隣人A第七話

隣人A第八話

隣人A第九話

隣人A第十話

隣人A第十一話

隣人A第十二話

隣人A一話からの総集編

|

« ストレスがお腹に・・・ | トップページ | こんな橋に行って来ました。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

やっぱりパブさんは吾朗さんのプレッシャーを慮っていらっしゃいますね。
本当に偉大すぎる親を持つと子供は大変ですねthink
じゃあ同じ道を歩まなければいいじゃない、なんて言われて
しまっては元も子もありませんし。

私には「コクリコ坂」は「どストライク」な作品でした。
時代は少し違いますが地元(笑)ですし、あまりの懐かしさと
海ちゃんの健気さに途中からもう涙ボロボロcrying
鑑賞後母やら妹やらメールをしまくって総動員かけてまたまた観に行ってきました!
あの汽笛の音ってずっと心の中で鳴っているんですよship
吾朗さん、よくハマッコのツボを心得ているな~と感心させられました。

投稿: オスカル | 2011/08/24 15:47

オスカルさん
人それぞれ大変な事はありますが、二代目とか三代目って言うのはまず最初に「お金がある」「七光り」ってイメージが先に連想されちゃうんで、無駄なフィルターをいっぱい通して見られる事が多いんですよね~coldsweats01
オイラとかからしたら、サラリーマンの家の子がサラリーマンってのと何ら変わりない感じなんですけどねsweat02
ま、でもこう言う偏見の様な物ってのをひっくり返すには実力しかないですからねrock
そう言う意味では、その分頑張らなきゃいけないからタフになれるし良いかもしれませんsmile

オスカルさんはハマッコだったんですか?eye
それはあの映画はストライクですよね~shine
オイラもあの活気のある商店街のシーンとかウキウキしちゃいましたnote

投稿: 隆之 | 2011/08/24 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストレスがお腹に・・・ | トップページ | こんな橋に行って来ました。 »